投資先の株価が暴落した場合の対処法

投資先の株価が暴落した場合においての対処法についてまとめ上げます。まず、最初に確認すべきことは、全資産の確認が重要で、投資に回した資産と、投資に回していない自己資産を確認し余裕があるかどうかを確認することが重要です。ただし、この時、信用取引の他レバレッジをかけて投資をしている場合、今後マイナスになると仮定すると今後も損失を被る可能性が高いので投資を見直す必要に迫られます。 投資信託の場合、暴落時においては、許容範囲内であればあえて傍観し長期的に見守るというスタンスで投資資産を回復させる手法があります。しかし、この傍観をして投資資金を回復させる手段には即座に現金を必要としない資産であることが条件で、即座に現金へと変わる資産である場合、防寒をして長期的なサイクルを得て資金を回復させるという手法を取ることが難しく、生活をしていく上で現金が必要であると迫られた場合、マイナスに転じた時点で投資信託は自己の投資としては不向きであったということになります。 こうなると考える点としては、売却を考えるのも一つの手で、投資信託においては、これ以上価値が下がらないうちに売却するという手法も一つの手段です。この場合、投資をしていた商品やサービスなどに問題があり価値が下がっているのかそうではないのかを一応調べてから売却を判断するのが重要です。企業などにおいて商品に問題があると判断した場合、一時的に商品の問題を改善しない限りは価値は下がりますが、問題を解決すると価値が上がる可能性もあるので売却をするかどうかを判断する材料として、一応企業や投資している商品の情報を集めてから売却を検討するのが望ましいです。 この時、自己が所有している資産において競合する企業や商品がいた場合、問題が起こります。それは競合することにより自己所有の資産の価値が下がるという問題で、いずれは、どちらかの企業の価値が上がるのではないかと考えることです。確かに競合している状況下においてはいずれ、資産価値はどちらかの企業や商品が上がるでしょうが、問題としては両方とも下がることも考えられます。この見極めを出来るかどうかが重要で、投資している企業の商品やサービスなどを把握していなければまず、今後両社が競合し発展するか、潰し合いをするかの把握が難しいのです。潰し合いをすると判断した場合、売却を考えて資産を売却しなければ後々損害を被る可能性があります。